キャリアアップを目指してる社会人の方へ、経営学を学ぶことをお薦めします。経営学は一般的な資格とは異なり、独学や通信講座で学ぶのは限界があります。ビジネスに活かせる知識をじっくりと学びたい場合に有効なのが「社会人向けの大学院」です。通常の大学院とは様々な違いがあります。また、大学院で経営学を学ぶことで取得できる「経営管理学修士(mba)」には、ビジネスに携わる上で様々なメリットを享受することが可能です。
今回は、社会人向け大学院の特徴や大学院で経営学を学ぶ意義そして経営管理学修士を取得するビジネス上でのメリットについて説明しつつ、そんな経営管理学修士を目指す上で役に立つダグラスビジネススクールのMBAコースの概要や特徴について紹介します。この記事を読むことで、経営管理学修士を取得することの重要性や、社会人になってからでも取得は決して遅くないということが理解できるでしょう。また、どこで経営学について学べばよいか迷っている方は、この記事の内容をスクール選びの指針としてぜひ参考にしてみてください。

多くの社会人が学びたい「経営学」
経営学と聞くと、「企業の経営に携わる人が知っておくべき知識であり、一般社員は学ぶ必要が薄いのではないか」と思ってしまう人も少なくないのではないのでしょうか。しかし、実際のところ経営学は会社内の地位や役職、さらには業界や業種を問わず、ビジネスに携わる全ての社会人にとって学んでおいた方が良い学問なのです。
具体的には、経営学は企業がどのように成り立っているのか、また企業活動に必要なものは何かについて学ぶ学問です。
その内容は多岐にわたり、事業戦略やマネジメントといった企業経営に携わる上で必要な知識また、財務や会計、マーケティングなどといった実務上必要となる知識について学ぶことができます。このように、経営学はビジネスに携わるあらゆる社会人にとって有益な学問です。実際、経営学を学びたいと考えている社会人は世界的に増えつつあるようです。世界中の主要なビジネススクールが加盟する経営学修士課程入学審査協議会(GMAC)が2020年11月10日に発表した「2020年志願傾向調査」では、調査対象となった1000以上の経営大学院プログラムのうち67%で志願者数が増加しているという調査結果が得られられたとしています。この調査結果からも、経営学の注目度はますます上がってきていることが分かります。
社会人が経営学を学ぶには

社会人が経営学を学ぶためにはいくつかのハードルが存在します。まず、仕事をしながら学べるかどうかを考えなければなりません。特に海外留学を考える場合は仕事を長期間休職するか、あるいは退職して学業に専念するかの選択を迫られます。また、学費など学習にかかる費用をどう捻出するかも悩みどころの一つです。

もちろん、専門的な内容を深く学ぶためにはきちんとしたカリキュラムのもと、講師が行う講義を受ける必要があります。故に、独学で経営学を学ぶというのは現実的ではありません。何より、独学で学んだからと言っても、「経営学を学んだことの証明」を行うことは極めて難しいのです。経営学を学んだことを証明するには、大学がカリキュラムを修了した際に発行する学位が必要となります。
そこで役に立つのが社会人大学院です。社会人大学院の講義は夜間や休日に開講されるため、平日の昼間は会社で仕事をして、会社帰りや仕事のない休日に講義を受けることができます。先述した世界的な需要の高まりを受けて、経営学を学ぶことができる社会人大学院も続々と登場しており、検索エンジンで「社会人大学院 mba」や「社会人大学院 経営学」というキーワードで検索すれば、多くの大学で経営学を学べる社会人大学院のカリキュラムが用意されていることが確認できることでしょう。働きながら学ぶことができるため、学費の捻出も容易です。

一般大学の夜間講義を受けることも選択肢の一つとして考えられます。社会人大学院同様に夜間や休日に開講されるため、仕事と学業を両立させることが可能です。一般大学と聞くと現役の大学生に混じって講義を受けることをイメージしてしまいますが、夜間講義の場合は比較的社会人の受講者の割合が多いため、若者に混じって受講することに心理的抵抗を持っている人も安心できるでしょう。

社会人をターゲットにしたビジネススクールを受講するという手段も存在します。ダグラスビジネススクールのmbaコースでは、1週間の授業日数が2日間だけであり、スケジュールの調整が非常に容易です。週休2日制の職場であれば休みの日を講義の受講にあてることができます。社会人で働きながら学びたいという人には、ダグラスビジネススクールのmbaコースもおすすめです。

社会人向けのビジネススクール「ダグラスビジネススクール」のmbaコースの特色とはダグラスビジネススクールのmbaコースの最大の特色は、何と言っても「国内にいながら海外のmbaを取得することができる」点に尽きるでしょう。海外のmbaを取得するためには、通常であれば留学のために海外に渡航しなければなりません。学費はもちろん、渡航費や海外での生活費などもかかるため、事前に十分な資金を用意する必要があります。海外に渡航する以上、働きながら学ぶということはできず、休職や退職して学業に専念しなければならないため、留学中は収入がなくなってしまうという点もネックです。しかし、ダグラスビジネススクールは海外渡航を行うことなく、国内にいながらにして海外mbaの取得を目指して学習を行うことが可能です。資金や渡航に際しての様々な問題とは無縁である上に、現在の仕事を続けながらmba取得に向けて勉学に励むことができるのは大きなメリットと言えます。

また、学びやすい環境が整備されていることもダグラスのmbaコースの特色のひとつに数えてもよいでしょう。オンラインプラットフォームを通じて常にアクセス可能な教材や、講義の録画データを通して自分の生活に合わせて学習を進めていくことができます。他にも、修士課程全般に渡ってサポートを行ってくれる個別チューター制度や、世界中の学生や講師との交流が可能な国際ネットコミュニティが用意されており、独学では難しい「人の手を借りる」ということも可能です。仕事とプライベートのバランスを取りながら学習を進めていく上では非常に恵まれた環境と言えます。

mba(経営管理学修士)を取得することの仕事におけるメリットとは経営に携わらず、実務を担当する社員がmbaを取得することには、一見すると何のメリットもないように見えます。しかし、実はmbaを取得することによる恩恵は一般社員にも存在するのです。先述したように、mbaの取得の過程では経営に関する知識だけでなく、マーケティングや財務・会計などの実務に関する知識も学ぶことになります。これらの知識はすぐに実際の仕事で活用することができるため、mba取得の過程で得た知識をすぐに実践することが可能です。

もちろん、経営者として知っておくべき知識についても学ぶことになりますから、「どのように仕事を進めれば会社全体に貢献できるか」「経営者から見て、自分はどのように仕事を進めるのがベストなのか」といった風に、経営者の視点に立って自分の仕事を客観的に分析できるようになる点も大きなメリットです。会社全体のことを考えながら業務に当たることができますから、与えられた仕事をただ機械的にこなす以上のパフォーマンスを発揮し、会社全体に利益をもたらすためのキーパーソンとして動けるようになることも不可能ではないでしょう。また、取得後の人事評価や待遇も大幅に向上するというメリットも見逃せません。企業は即戦力となるmbaホルダーを喉から手が出るほど欲しています。先述したように、mbaは実務上必要となる知識を網羅的に学ぶことが可能です。これは即ち、mbaを取得したことが「最前線で活躍できる証」として機能するのです。当然、他の企業にとっても是が非でも欲しい人材となりますし、すでにmbaホルダーが社内にいる場合は絶対に手放すまいと給与アップや地位の昇進などの好待遇を提供するようになるでしょう。会社にとって自分が価値のある人材だと示す上で、mbaを取得している事実はこの上なく有効なのです。
上記に関連して、転職がしやすくなる点もメリットのひとつです。mbaホルダーは引く手数多であり、選考の際には非常に有利に働くことも少なくありません。採用された暁には高い地位や給与を得られる可能性も非常に高いです。特に海外mbaを持っている場合は外資系企業からのラブコールを受ける機会が飛躍的に増えることでしょう。海外mbaを取得することで、自分はグローバル市場の中で十分な活躍ができる人材であると胸を張って宣言することが出来ます。故に、グローバル市場を相手にする外資系企業は海外mbaホルダーを厚遇するのです。

将来的に独立して起業することを考えている人にとっては、間違いなくmbaは取得して損はないと言えるでしょう。起業をするということは、自分が経営者になるわけですから、会社経営に関する知識が必要となるのは自明です。mba取得の過程で会社経営に関する知識を学んでおけば、独立後も安定して自らの事業を展開していくことができるでしょう。また、mbaホルダーが経営者となっていることは従業員や取引先にとっても安心感がありますし、それによる求心力も得られます。mbaのカリキュラムの中では、リーダーとして求められる人間力も身につけることができますから、カリスマ性のある経営者として従業員を引っ張っていくことも不可能ではありません。
mbaのカリキュラムには、AIによる機械学習やIoT、ビッグデータ解析などといったビジネスシーンにおける最先端の技術を学ぶ科目も存在します。自社がこれらの最先端技術をすでに活用している場合は、どこにどのような形で活用されているのかについて理解を深め、自分がこれらの技術を活かしたシステムをスムーズに扱うことができるようになることは言うまでもありません。一方で、自社がまだ最先端技術の活用が進んでいない場合、将来これらの技術を導入するにあたって、導入プロジェクトの中心人物として抜擢される可能性があります。新たなシステムの導入は社内においても大きなプロジェクトとなりますから、成功させればさらに評価を高めることは間違いないでしょう。
大卒でなくともmba取得を目指して受講可能なダグラスのmbaコース

mbaは大学院の修士過程を修了することで授与される単位です。そのため、その前段階である学士課程の修了、即ち大学を卒業していなければmbaコースの受講ができないのではないかと心配している人もいることでしょう。ですが、ダグラスビジネススクールのmbaコースの入学要件は「英語が使用できること」に加えて「英国の学士号またはそれと同等の学歴を保有し、かつ2年間のマネジメント経験を有する」もしくは「5年間のマネジメント経験を有する」のいずれかとなり、大学を中退、あるいは高卒で就職した場合でも5年間のマネジメント経験を有していれば、個別に評価をを行った上で受講可能かどうかが判断されます。ダグラスビジネススクールでのmba取得にあたっては、社会人が学歴によって学習機会が制限されることがないように配慮されているため、大学を出ていない場合でも安心してmba取得への学習はが可能なのです。
社会人にとってmba取得は有益となる
mba取得は、キャリアパスの向上のみならず、実務上の深い知識を身につけられたり、経営者としての俯瞰的な視点を得られたりするなど、ビジネスに携わる社会人にとって非常に有益です。また、転職や起業の際にも、mbaを取得したという事実は大きくプラスに働きます。働きながらmba取得を目指して学べるダグラスビジネススクールのmbaコースを受講して、仕事と学業を両立させながら、すぐに活かせる知識を身に着けてみてはいかがでしょうか。
https://douglas.jp/mba-chichester/

コース
海外MBA