HOME  >  プログラム DBA-UCAM

カトリック大学サンアントニオ・デ・ムルシア DBA
The Catholic University of Saint Anthony de Murcia (UCAM) – Doctor of Business Administration

OVERVIEW 概要

経営管理博士の学位は、高度な研究に基づく学術プログラムを通して得られるものであり、それは経営者や管理職、コンサルティングのキャリアにおいて必要な知識に焦点を当てています。
このDBAプログラムの教育目標は、ビジネスにおける多角的な視点を持ち、リーダーシップの資質を備えたビジネスリーダーを育成することです。
DBAプログラムは、国際的な視野を持ってより深くマネジメントを学びたいという管理職の方向けのプログラムで、一流の管理教育を提供します。
当プログラムで研究を続けることで、より豊富な知識を蓄えて経営管理能力を磨くことはもちろん、自身のこれまでの取り組みを振り返って見つめ直し、今日のグローバルなビジネス環境において発生する様々な問題に対し効率的に対応できる能力を身につけることができます。

– ABOUT UCAM
– UCAMについて

カトリック大学サンアントニオ・デ・ムルシアは、1996年に設立された私立の大学であり、スペイン南東部のムルシアにある大学です。
キャンパスは22万5000平方メートルに及び、21,000人以上の学生が在籍しており、多くの学士号プログラムや博士号プログラムを提供しています。また、当大学では多数の学部が設立されており、科学技術、ビジネス、法律、看護、体育などの分野をカバーしています。マドリードとカルタヘナにもキャンパスを設けており、教育の質は国際的に高い評価を受けていて、スペイン国内でもトップの私立大学の一つであり、特に経営学ではスペイン国内4位にランクされています。
また、UCAMはスポーツマネジメントなど特定の分野で修士課程を提供し、スペイン政府および中国・台湾の教育省からの認可を受けています。その他163以上のプログラムも展開し、欧州高等教育質保証協会(ENQA)に加盟しています。

– CURRICULUM
– 
カリキュラム概要

授業スケジュール:
月に1回、週末のみ

学習期間:
最短3年

言語:
日本語・英語

開講時期:
2024年9月予定

評価方法:
課題及び論文により評価(試験や面接は行いません)

学習形式:
オンライン学習

▪️ 第一段階 – 科目履修

1. 研究方法論と手法 -10単位-
Research Methodology and Methods
当科目の目的は、研究方法論と手法の基礎を徹底的に学ぶことです。この科目が終了する頃には、自身の研究方針を説明できるようになり、目標を達成するためにどのような研究方法(インタビュー、フォーカスグループ、アンケートなど)を使用するかを決定し、その選択に対して説得力のある正当性を提示できるようになります。当科目では、論文を執筆する際に役立つ重要なトレーニングを行うことになります。

 2. 現代の経営における研究課題 -10単位-
Research Issues within Contemporary Management
この科目の目的は、様々なマネジメント分野の最先端の知識を探求することであり、思考するビジネスのプロフェッショナルとして最新の知識を身につけることです。そのうえで、この科目では、マネジメントにおいて何が適切で興味深く応用的な研究テーマとなるかを考え、プログラムの後半で将来の研究分野を構想し始めることができるようにします。

3. 中間研究プロジェクト(試験的研究) -20単位-
Interim Research Project (Pilot Study)
この科目の目的は、あなたが習得した研究手法のスキルや、これまでに調べてきた研究分野を活用する小規模な試験的研究を通じて、それらを検証することです。具体的には、関連するトピックや実践ベースの問題(おそらくは自身の組織や業界)を調査し、レポート(または短い論文)を作成します。このレポート(または短い論文)を作成することで、チューターから研究スキルに関する建設的なフィードバックを受けることができ、またそれが実践に基づく論文を書く際の手助けとなります。

4. 研究プロジェクト設計(論文計画) -10単位-
Designing a Research Project (Thesis Proposal)
この科目の目的は、実際の論文のための詳細な計画書を書くことです。計画書の適切な構成が示されるので、研究上の問題をつきとめ、小規模な文献調査に着手し、どのような研究を行いたいのか、どのような研究方法を採用したいのかを詳細に検討します。計画書に対するフィードバックは、実際に論文を書き始める前に、進捗状況をチェックする上で非常に役立ちます。

5. 研究者としての成長(個人的考察) -10単位-
Developing as a Researcher (Individual Reflection)
構造化された個人的な内省を行うことの利点は、専門的な実践においても学術的な研究においても、ますます認識されるようになってきています。この科目の目的は、建設的かつ適切な内容で内省を行うための有用な理論的ツールを提供することです。最終論文に取りかかる前に、経営学研究者としての自分の長所と短所を考え、スキルのギャップを埋めるための現実的な開発行動計画を立てます。

▪️ 第二段階 – 博士論文

 実践に基づく論文 -120単位-
Practice Based Thesis
DBAプログラムの最後の仕上げとなるこの科目では、自分自身の長期研究プロジェクトを計画・実施し、それを40,000~50,000語の論文にまとめ、口頭試問で「弁護」することになります。ここで、応用ビジネスおよびマネジメントの特定分野における自らの深い専門知識を示し、博士の称号を獲得し、そしてそれはおそらく自分の組織に大きな変化をもたらすことになるでしょう。これは個人のプロジェクトではありますが、資格と経験のある大学の指導教官からの全面的なサポートを受けられます。

– REQUIREMENT
– 
入学資格

原則として、修士の学位を所持しており、それに加えて以下の条件を満たしている方

▪️  4年制大学を卒業し、実務経験を1年以上お持ちの方
▪️ 4年制大学卒業の学位に相当する学位を所持し、かつ実務経験を2年以上お持ちの方
▪️ 短期大学または専門学校卒業し、5年以上の実務経験(そのうち管理職2年以上)をお持ちの方

– STEPS TO ENROLLMENT
– 入学までの流れ

資料請求はこちら
海外MBA