初対面の人と会話を始めるのに苦労していませんか?イベントや会議などで、初対面の同僚や見知らぬ人と気まずい思いをしたり、恥ずかしい会話をしたことはありませんか?どのように対処したか覚えていますか?

職場では、その場にふさわしいものであれば、さまざまな話題を選ぶことができます。会話を始めるための最初の努力は、同僚との強く絆を築くのに役立ちます。ここでは、職場での最適な会話のきっかけをご紹介します。

1. 簡単な自己紹介

自己紹介は、単に名前を言うだけではありません。自分が何者なのか、何をしているのか、どうすれば他の人の役に立つのかなど、より詳しい情報を伝える必要があります。積極的にアピールしすぎると、失礼にあたることもありますので、ご注意ください。

2. 助けや情報を求める

会話を始めるのに最適な方法は、話したい相手に情報を求めることです。これは、相手との信頼関係を素早く築くための効果的で自然な方法です。意見を求めるのと同様に、ちょっとした助けや指導を求めることは、相手に有用性を感じてもらうための素晴らしい方法です。例えば、新しい会社で仕事に慣れていない場合、その部署や組織のワークカルチャーについて尋ねることができます。

3. 共通の話題を探す

これは、誰もが同じような背景や興味を持っていそうな状況にいることがわかっている場合、最も簡単です。所属している部署や卒業した大学が同じでもよい。共通の話題を持ち出せば、すぐにつながりができて、話題が広がるでしょう。

4.ヘルプを提供する

常に観察し、自分が何を助けられるかを考えましょう。自分にとっては小さなことでも、他の人にとっては大きな助けになることを忘れないでください。もしあなたが仕事で忙しくないのであれば、ただリラックスするのではなく、同僚の仕事量を減らし、生産性を上げるために時間を割いてみてはいかがでしょうか?書類を運ぶ、探す、提出するのを手伝うなど、小さなことで構いません。

5. 経験を共有する

自分と共通の話題を持っている人と話したいときは、いつでも話のタネとなる話題を見つけることができます。もしあなたの同僚が仕事で問題に直面していて、あなたが過去に経験したことがその人を啓発するのに役立つのであれば、ためらわずにそれを共有してください。アイデアを共有することで、グループが一つになり、新しいアイデアのブレインストーミングへの道が開かれます。

6. 本物の興味を示す

相手が熱心に取り組んでいると思われる話題を探しましょう。同僚と仲良くなるには、ランチタイムに世間話をするのがいいでしょう。仕事とは別に、流行のニュースや観た映画の話、おいしい食べ物を食べるための素敵な場所の話など、何気ない話をするのもいいでしょう。情熱があれば、同僚との会話も弾みます。フレンドリーでポジティブな会話を心がけてください。

7. 観察する

あなたがいる環境も多くの会話のきっかけとなります。例えば、建物や食事についてコメントしたり、同僚の服装を褒めたりすることは、相手との会話を弾ませる良い方法です。

効果的なヒントをあなたに!

また、これらの会話のきっかけを使って、ネットワーキングイベントで見知らぬ人とのスモールトークを盛り上げることもできますよ。

お仕事は何ですか?

・最近何か面白いことがありますか?

・以前、このようなイベントに参加したことはありますか?それとも、去年もこのイベントに来ましたか?

・どの料理も美味しそうで、何を食べようか迷ってしまいます。あなたは何を試しましたか?

・次回のワークショップに申し込みますか?

言葉が出てこないときは、会議やイベントについて話し合うことも会話のきっかけになりますよ。