MBA(Master of Business Administration)は、日本では経営管理修士と呼ばれる学位で、経営学の大学院修士課程を修了すると獲得することができます。よく誤解されますが、資格ではなく「学位」です。資格は仕事としてある行為を行うために取得するものですが、学位は専門分野の学問を修めたことを証明するためのものです。しかし、MBAは多くの学校で行われている経済学的学問とは少々異なり、企業活動の前線で活動する実務家の育成を重視した教育を行っているという特徴があります。実務を念頭に置いているからこそ、現在ビジネスの場においてMBAが注目を集めているのです。

一昔前のMBAは、経済の三本柱であるヒト・モノ・カネの領域をカリキュラムとしているのが一般的でした。しかし人工知能やロボットといったテクノロジーの発展によってビジネスの形が大きく変わり、社会や人の生き方も変化しています。そうした時代の移り変わりを受けて、伝統的な三本柱は基本として置きつつ、テクノロジーやデザインと行ったカリキュラムを取り入れたMBAプログラムも登場しています。

社会人にとって、なぜ経営管理学が重要なのかを説明する。

現在日本では、MBAが高く評価されるようになっています。一昔前は海外に比べて歴史が浅いことも手伝って、認知度も評価も決して高いとは言えませんでしたが、変化のときを迎えているのです。その要因は三つあります。まず日本の伝統的な働き方である終身雇用、年功序列制度が崩壊したからです。この制度が現役だった頃、人材は企業内で長い時間をかけて育てる者という意識が根付いていたため、日本企業ではMBAホルダーの需要自体が低かったのです。しかし人材流動が活発に行われる時代になったことで、企業は即戦力を獲得する必要に迫られることになりました。結果実務能力が高いMBAホルダーの価値が上がることになったのです。

インターネット環境の発展に伴い、ビジネス環境がグローバル化したことも、MBAホルダーの需要が高まった理由の一つです。国内だけで経済活動を行っている間は、リスクの見通しも立てやすくこれまでの経験や知識で問題ありませんでした。しかしグローバル化が進むとビジネスは複雑かつ不透明度を増すため、一つの企業が蓄積する経験や知識だけでは立ち行かなくなります。結果研究に基づいた実践的知識が、ビジネスの場で求められるようになったのです。

複雑化したのはビジネスだけではありません。これまでの日本は、皆が同じ働き方をしていました。企業側はたまに発生するイレギュラーに対応していれば、後は従来のやり方を続けていれば良かったのです。しかし働き方改革によって多様な働き方が生まれ、従業員が企業に合せるのではなく個人のやり方を尊重する時代に突入。女性管理職や外国人の従業員もどんどん増えてきています。組織のあり方が変われば、マネジメントの方法も変わります。体系的なマネジメント論と時代に合った考え方を学ぶことができるMBAの価値が高まるようになったのです。

MBA(経営管理学修士)学位は何かを紹介する。

MBAは「Master of Business Administration」の略で、日本語では「経営学修士、経営管理修士」と呼ばれています。大学院で経営学を修了した人に与えられる学位です。純粋に学問を研究し修めることを目的とする他のコースとは異なり、MBAはビジネスの場で活用できる知識を得ることを目的としています。国家資格である「中小企業診断士」と似た側面がありますが、こちらは国家資格です。中小企業診断士は経営者にアドバイスを行うためのスキルや知識を重視するのに対し、MBAはリーダーとしての姿勢を重視するというのも目立つ違いとなっています。

MBAコースでは、経営学で学ばれている内容に加え、実務に応用できる事業戦略やマネジメント、マーケティング、財務、会計といった科目を学ぶことができ、経営に必要な知識や技術を体系的に学ぶことができます。またグローバルビジネスに関する科目や、これからますます発展して行くであろうテクノロジーの基礎とビジネスの関係性なども、MBAの科目に含まれていることがあります。コースの特徴として、こうした学習内容は座学で学ぶだけではなく、プレゼンテーションや意見交換と行った機会が多く取り入れられています。これは現場で通用する実践力を付けることをコースの大きな目的として掲げているからです。

MBA学位のメリットは何かを説明する。

MBA取得には大きなメリットが三つあります。一つ目はワンランク上のキャリアパスを手に入れられるという点です。アメリカのようにMBAホルダーになれば高給と出世が確約される訳ではありませんが、転職や昇進に有利になることは間違いありません。また、近年では起業家精神(アントレプレナーシップ)を育成する講座を持つコースも誕生しているため、起業を考えている人も適しています。二つ目は、質の高い人間関係を構築できるという点。MBA取得にはそれなりの費用がかかるため、コースに集まるのは強い目的意識と学ぶ意欲を持った、各業界や職域のプロフェッショナル達です。そうした人々と一緒に学び高め合うことで、深い人間関係を構築することができるのです。こうした交友ネットワークは、修了後も大きな財産となるはずです。

三つ目は言わずもがな、経営力に関するスキルと知識を身につけることができるという点です。ただ漠然と働くのではなく、一つ上の視点で仕事に取り組む土台を作り上げることができます。これは企業の中枢や次世代リーダーに必要不可欠な視点となるでしょう。経営に関するスキルだけではなく、経営活動を行う人間について学ぶことができるのも、MBA学位の大きなメリットと言えるでしょう。

MBA、EMBA学位の違いは何なのかを説明する。

MBAには関連した学位がいくつか存在します。その主なものにEMBAがあります。EMBAは「Executive MBA」のことで、シカゴ大学ビジネススクールが世界で初めて導入したプログラムです、MBAとの違いは、必要となる社会人経験の長さです。MBAが入学時点で五年以上の社会人経験を必要とする一方、EMBAは入学時点で十年以上の社会人経験が必須条件となっています。そのため、EMBAは企業の中核を担う人材育成という側面がより強くなっています。

日本国内MBAと海外MBAの違いは何なのかを説明する。

一昔前は、MBAを取得するには海外留学しか方法がありませんでした。しかし現在では日本国内にも多くのスクールが開講しており、海外に行かずとも学位を取得することができます。しかし、MBAを日本で獲得するか、海外で獲得するかは非常に大きな選択になります。それぞれのメリットデメリットをしっかりと捉えて、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

まずmba日本で取得場合、海外に比べて費用が安い点が大きなメリットとなるでしょう。それでも数百万はかかるので決して小さな額ではありませんが、海外に比べれば経済的負担はかなり大きくなります。また、学ぶ内容が日本のビジネス向けに考えて構築されているため、学びをすぐに実践することができます。グローバルな働き方を目指しつつも拠点はあくまで日本と考えている場合は、日本MBAが向いているかもしれません。対してデメリットとして、英語力や人的ネットワークが手に入りにくいという大きなデメリットがあります。特に集まる学生の属性が海外と日本では大きく異なるため、仲間との繋がりも大きな目的とする場合は注意が必要です。

海外でMBAを取得する大きなメリットは、世界に広がる幅広いネットワークを手に入れられるという点です。世界中から集まった、目的を同じくする仲間と現地の言葉で授業を受けコミュニケーションを取るので、必然的に濃い人間関係を築くことができます。もちろん英語も上達するでしょう。また、海外就職を希望している場合は断然海外MBAが有利です。アメリカやヨーロッパはもちろんのこと、近年ではアジアでもMBAの需要が高まっています。デメリットとしては費用がかかること、企業派遣や休職が認められない場合は一度仕事を辞めないといけないいことなどが挙げられます。

ダグラスビジネススクールのイギリスMBA課程

ダグラスビジネススクールジャパン(Douglas Business School, Japan)は、本部をイギリスに置くビジネススクールです。経営管理学修士(MBA)と経営管理学博士(DBA)の二コースを開設しています。MBAコースは二段階に別れており、第一段階で大学院科目課程修了証書を獲得した後、第二段階でチチェスター大学院生として経営管理学の論文を作成し、これを完了すると無事チチェスター大学からイギリスmbaを授与されることになります。

入学要件は「英国の学士号またはそれと同等の学歴を保有し、かつマネジメント経験が二年以上ある。もしくはマネジメント経験が五年以上ある」「英語が使用可能」「Level 7 Diplomaを保有している。もしくは保有していないがマネジメント経験が豊富」となっています。学習時間は一年間で、授業モードはオンラインセミナーなどを取り入れたブレンド型です。評価はアサインメント及び論文によって行われ、試験や口頭諮問は行われません。

MBAの取得をおすすめ人を書き並べる。

MBAは取得することに価値があるのではなく、その後どうやって活かしていくかを考えることが大切です。ではMBA取得を検討すべきはどのような人なのでしょうか。まず今いる会社の中でキャリアアップを目指したい人が該当します。実務で役立つことを学ぶことができるので、今の仕事にすぐ活かせるスキルを身につけることができます。また、昇進すればいずれリーダーとして人を動かすことも学んでいかなければなりません。そうした点でも、MBA取得は役立つでしょう。大手グローバル企業の中には、経営陣になるための条件としてMBA取得を挙げているところもあります。

キャリアアップという点では、活躍の場を拡げていきたい女性も取得を検討すべきです。特に三十代後半になって、今後のキャリアのために取得を目指すという人が大勢います。部分的に学んできたことを体系的に学び直して、今後のキャリアアプに繋げたいという人が多いからです。また、産休を利用し、子育てをしながらコースを受講するという人もいます。政府の働きかけによって女性の社会進出が促され、女性が働きやすい土壌も整いはじめています。そうした場で活躍するための選択肢として、MBAを活用することができるのです。

企業経営に関わっていきたいという人にとっても、MBAは非常に有効です。いくら間近でオーナーの手腕を見てきたとしても、理論的なバックグラウンドが頭の中に構築されているか否かによって、吸収度合いは大きくことなります。いずれ経営に携わることを見据えて、MBAを取得した上で実務を積めば、より効率的に経営に関する知識を得ることができます。また、ビジネススクールに通うことで、知識を得るだけではなく人脈を作ることにも繋がるので、起業家としての下地を作るという意味でも非常に効果的と言えるでしょう。ビジネススクールの中には、起業家の育成に力を入れているところもあるので、サポートが充実しているスクールを選ぶことで起業家への道が開ける可能性もあります。

www.douglas.jpを選んで一歩上のキャリアップを目指そう。

MBAは資格ではなく学位であり、取得も決して簡単ではありません。特に海外での取得を目指す場合は、費用などの負担も大きくなります。途中で折れることなくコースを修了するためには、学位の目的でもある「実践に活かすこと」をしっかりと見据えることが大切だと言われています。キャリアアップ、企業、キャリアチェンジなど、MBA取得を決めた自分の未来の姿を具体的に描くことで、より主体的にコースに取り組むことができるでしょう。