通信システムやテクノロジーの急速な発展によって、企業経営は従来よりもはるかに高度な知識や専門性が求められるようになっています。そのため、企業が求める人材は、以前にもまして高学歴化しています。特に欧米系の企業では、修士号のみならず博士号取得者が経営に参加していることも珍しくありません。一世を風靡し、多くの企業が人材として迎え入れた、MBA(経済学修士号)取得者ですら、今では一般的となったといえるでしょう。

そのような時勢のなか、人材登用の現場で注目を集めているのが「DBA 経営学博士」の取得者です。ですが、社会人が博士課程を修了させるのは簡単ではありません。ましてや海外DBAとなると、チャレンジするまでもなく「取得は無理だ」と諦めている社会人も多いのではないでしょうか。しかしながら海外DBAであっても、日本にいながらにして取得することは可能です。この記事では「DBA 経営学博士」の取得について詳しく解説してしていきます。日本にいながら海外学位取得をしたい方は、ぜひ参考にしてください。

「DBA 経営学博士」とはなにか

DBAとは「Doctor of Business Administration」の略で、経営学博士あるいは経営学博士課程を指す言葉です。日本では「DBA 経営学博士」もしくは「経営管理学博士号」と呼ぶことも多いです。日本では聞きなじみが少ない学位かもしれません。しかし、欧米ではたいへん注目されている学位です。欧米における「DBA 経営学博士」は、ロースクールやメディカルスクールのような、専門分野を学ぶ大学院(Professional School)で取得するのが一般的になっています。

なぜ「DBA 経営学博士」の学位取得のために勉強する必要があるのか
「DBA 経営学博士」の取得を目指す学習では、実践的で応用性が高い研究をします。その研究では社会や環境の変化、あるいは社会要請が重視されます。学位を取得する頃には、新しいビジネスに欠かせない、創造性や実行力が身に付くことが期待できるでしょう。また、「DBA 経営学博士」はこれから世界をリードする企業にとって欠かせないと考えられている学位です。世界的な企業で、上級管理職にこの学位の取得者が増えていることからも、その傾向が見てとれます。しかし、日本ではあまり「DBA 経営学博士」の取得が進んでいません。いま勉強をはじめて学位取得しておけば、これから日本にも訪れるであろう学位取得者の獲得競争において、先んじて自らの売り込みができるでしょう。

「DBA 経営学博士」の重要性
昨今の経営の現場では、高度な専門知識や新しい手法を使ったビジネスが多くなりました。その進歩は非常に早く、MBAを持っているだけでは対応できない状況が発生することも珍しくありません。このような状況に対応するため、海外では経営管理学博士号取得者に経営を任せる企業が増えています。しかし日本の多くの企業において、博士号取得者に経営を任せるほどのダイナミックな人事改革は、ほとんど行われていません。そのため、専門性の高い分野や、最新技術分野、研究開発がともう分野におけるビジネスにおいて、海外に後れをとってしまうことが目立ってきています。この状態を打破するためには「DBA 経営学博士」の学位取得者の確保は、喫緊の問題であるといえるでしょう。
「DBA 経営学博士」の学位を取得するメリット
「DBA 経営学博士」を取得することでどのような利点があるのでしょうか。社会の中や、企業内組織における自分の立ち位置や能力にどんな違いが生まれるのでしょうか。
詳細は下記の通りです。
#ビジネスへの関心度が上がる
「DBA 経営学博士」の学位取得に必要なカリキュラムでは、実際のビジネスの現場における経営上の問題が題材となるケースが少なくありません。机上の理論でとどまらない、実態に即した知識や考え方が重視されます。身近な問題への解答が得やすくなるため、ビジネスへの関心度が上がります。
#研究や発表の機会が得やすくなる
一度大学から離れてしまうと、学士や修士の学位を使って、何かを発表することはが簡単ではありません。仮に経営系の学位をビジネス分野でいかせても、その成果を研究し発表する場を得ることは容易ではないでしょう。「DBA 経営学博士」は多くの国において、経営学における最高学位です。博士号には研究者としてのステータスが付随します。この学位を使えば、自らの経験や研究成果を学術書や学会での発表がは難しくありません。特に海外DBAを取得した場合には、さらに多くの発表機会が得られるでしょう。「DBA 経営学博士」の学位取得者のなかには、研究の成果が認められ大学で教鞭を取るようになった者もいます。
#ステータスのアピールができる
ビジネスにおいては、自分のステータスをどのようにアピールするかが重要です。実際に高い経営能力を持っていたとしても、その経歴が不透明では評価されることは難しいでしょう。「DBA 経営学博士」はその分野での最高額位です。この学位を持つというだけで、経営学に関する深い知識を有していると理解してもらえます。なお、海外DBAを取得していれば、経営能力だけでなく語学力の評価と証明につながることもあります。
#高度なディスカッションの実現
経営陣とディスカッションするには、さまざまな情報を元にする必要があります。その情報は単なる知識にとどまらず、多面的で客観的な思考に基づいたものでなければなりません。「DBA 経営学博士」の学位取得を目指し、経営に関する新たな理論を習得すれば、より高度なディスカッションに役立てられるでしょう。また、この学位を取得していれば、ディスカッションの場で発した意見が重視されることが多くなります。特に海外DBAは取得ハードルが高い学位だと知られています。そのため、より傾聴してもらえる機会が増えるでしょう。
#起業するのに有利
将来的に自分が経営者として企業を動かしたいと考えたときに、「DBA 経営学博士」は力強い武器になります。起業を成功させるためには、企業経営の知識やスキルだけでなく、ビジネスのアイデアが求められます。そして何より、周囲の信用を得られるステータスが必要です。「DBA 経営学博士」は起業するのに必要なこれらの要素がまとまったような学位です。取得しておけば、起業する際に有利になるでしょう。なお、日本では海外DBAのステータスは特に高いため、取得によって人材集めや資金調達の際にも優位に働くでしょう。
#多様なキャリア構築の機会が得られる
「DBA 経営学博士」は広く経営に応用が利く学位です。学位取得者は現在のビジネスのほかに、さまざまなビジネスへ参加できるチャンスが増えるでしょう。それは多様なキャリア構築の機会が得られるということでもあります。力を広く試したいと思っている人にとっては、学位取得が大きなチャンスを呼び込むことになるでしょう。海外DBAを持っているのなら国外企業からのオファーが期待できるかもしれません。
#幅広い人脈が得られる
ビジネスを成功に導くためには、人脈の構築が欠かせません。「DBA 経営学博士」の学位を取得するためのビジネススクールには、国内外からさまざまな人が集ります。その中にはビジネスの第一線で活躍する人も少なくありません。学生時代とは違い、社会人になってからの人脈作りは簡単とはいえません。しかし、学位取得にチャレンジすれば、同じ目的を持った仲間とのつながりが生まれます。また、海外DBAならば国際的な人脈づくりも期待できます。学位取得後も人脈ネットワークは多様な現場で役に立つでしょう。
#経営を俯瞰的にとらえる力が身に付く
ビジネスに関する知識を持っていたとしても、それだけでは経営の全てを捉えることはできません。経営状態を完全に理解するためには、ビジネスに関わる事柄を俯瞰的に捉える力が必要です。「DBA 経営学博士」の学位取得の課程では、経営に関する問題を研究しなければなりません。理論的で整合性がとれた仮説を立て、それを社会科学的な手法から得たデータを元に検証します。このような研究を体験することによって、主観的な考えから脱却し、経営を俯瞰的に捉えられる客観的な視点が身に付きます。
「DBA 経営学博士」の取得が向いている人の特徴とは?
どのような人材が「DBA 経営学博士」の学位取得に向いているのでしょうか。その特徴をいくつかピックアップして紹介します。
#現在MBAを取得している方
MBA取得者は、現在においても優秀な人材として、世界中の企業が求めています。それは日本においても同じです。学位取得や人材確保に今でもたくさんの企業がのりだしています。しかし、MBA取得者がさらなるキャリアアップを目指すとなると、どのような経歴を取得すればよいのか分かりづらい部分がありました。「DBA 経営学博士」は、いうなればMBAをキャリアアップさせた学位です。取得することで、経営に関しての高いスキルと知識だけでなく、最新研究に基づく知見も合わせてアピールできるようになります。日本のMBAを取得しているのであれば、海外DBAを取得することで、日本以外の企業にも実力を示しやすくなります。
#「社会人 博士課程」に興味がある方
社会人になってからも学習意欲が衰えない人のなかには「社会人 博士課程」に挑戦したいと思っている人もいるでしょう。「社会人 博士課程」にチャレンジするには2つの問題があります。1つ目は金銭的な問題。2つ目は学習時間の確保の問題です。金銭的な問題は貯蓄などで解決できるでしょう。しかし、学習時間の確保は自分1人の努力ではどうにもなりません。時間を確保するために、企業と話し合いが必要なこともあるでしょう。
ですが、「DBA 経済学博士」ならビジネススクールが利用できるので、時間の確保がしやすいです。ビジネススクールの学習コースは、社会人が学位取得しやすいように設定されており、学習時間の確保がしやすいカリキュラムになっています。そのため、社員としての籍を残しながら学生として学ぶことも難しくありません。「社会人 博士課程」に挑戦したい人は「DBA 経済学博士」を検討することをおすすめします。
#「実践」で使える「学位」を身に付けたい方
社会人になってから学習するのであれば、なるべく実践に即した学位を身に付けたいと考える人が多いのではないでしょうか。「DBA 経済学博士」はビジネスの世界で活躍する人が主体となる学位です。この学位を取得した者の多くは、経営者やコンサルタントといった働き方を通して、広くキャリア形成していき、実社会の中でビジネス上の問題解決や理論の実践に取り組みます。なお、実践的な学位でありながらもアカデミックな価値が失われるわけではありません。実際、学位取得に挑戦した人のなかには、働いている会社との共同研究という形で、実践と学習内容を結びつけた研究論文を作成した方もいるそうです。
「DBA 経済学博士」取得のための学習コースとは?
「DBA 経済学博士」取得のための学習コースにはどのようなものがあるのでしょうか。以下では日本にある博士課程が修了できるビジネススクールのなかから「ダグラスビジネススクール日本校(Douglas Business School, Japan)(url:https://douglas.jp/)」の経営管理学博士(DBA)コースを紹介します。
ダグラスビジネススクール日本校は、海外DBAの取得ができるビジネススクールです。「海外DBAを取得するには留学が必要ではないのか?」と思われた人もいるでしょう。しかし、このビジネススクールではオンライン授業によって海外DBAが取得できるコースを提供しています。日本国内で企業に務めている社会人であっても、経営管理学博士(DBA)コースで学習することで、海外の学位が取得可能です。また、オンライン授業に適した最先端の学習プラットフォーム(ELP)が用意されているので、多くの社会人にとってダグラスビジネススクール日本校は勉強がしやすいでしょう。
学位の発行機関は「スペインカトリカ大学サンアントニオデムルシア大学(Universidad Católica San Antonio de Murcia)」。スペイン南東部のムルシアにある私立大学です。学習期間は2年で開講は9月からです。科目数量は9科目。学位を得るには博士論文を提出しなければなりません。評価方法はアサインメントおよび論文による評価です。学習に使用する言語は日本語と英語の2つです。コースに申し込みをする際には、応募要件に注意してください。応募者は修士号学位を保有していなければなりません。なお経営管理学博士(DBA)コースへの応募では、博士課程大学院の要件に適合する英語能力が求められます。そのため、大学側から英語能力を証明する証書の提出が求められる場合があります。
社会人が学位取得するなら「DBA 経営学博士」がおすすめ!ダグラスで海外DBAを取得しよう
現在のビジネス環境は、加速度的に高度になっており、もはやMBAだけでは足りない状況にあるといえます。そんな状況の中で、世界中の企業が注視している学位が「DBA 経営学博士」です。日本では「経営管理学博士」とも呼ばれているこの学位は、実践的な経営学の研究を修了した者に与えられます。MBAを取得している方、「社会人 博士課程」に興味がある方、あるいは実践的な学位がほしいと考えている方は、ぜひ挑戦してみるとよいでしょう。
しかし、社会人が博士課程を修了するには時間の制約が大きな壁となります。この問題を解決してくれるのが「ダグラスビジネススクール日本校(https://douglas.jp/)」が開講している経営管理学博士(DBA)コースです。このコースを使えば、社会人でも博士課程が修了させられます。また、日本にいながら海外DBAの取得が可能です。

コース
海外MBA